Fターンインターンシップ

Fターンインターンシップ

ふくしまからはじめよう。

インターンシッププログラム

検索結果一覧に戻る

株式会社アーバン設計

企業情報

企業名(カナ)
株式会社アーバン設計 (カブシキガイシャ アーバンセッケイ)
所在地
福島県郡山市大槻町字御前東46-26
事業内容
『社会基盤の維持管理と再生を考えたコンサルティング』を会社理念として、業務内容は、調査(橋梁・トンネル・構造物劣化調査(非破壊調査を主に最新機器を使用した調査業務)etc)、設計(道路・河川砂防・橋梁・構造物・構造物補修補強・上下水道・土地区画整理事業・開発造成・建築物補修etc)、点検(道路防災点検・橋梁点検・トンネル点検・長寿命化点検etc)、測量(地上三次元写真測量・ドローン測量・地上測量・変位計測・三次元図化・動画作成etc)の内容の業務



ホームページ
https://www.urban-dc.co.jp/

企業コメント

弊社は、橋梁・道路等インフラの調査・補修設計・補強設計等を中心に日本全国で実績を持つ企業です。勿論、公園設計等 景観とデザイン・環境を重視した設計も手掛けています。 皆さんも将来に渡り、地図に残る仕事を一緒にしてみませんか? 和気あいあいと会社全体で業務に取り組んでいます。


プロジェクト参加型, 就業体験型

県外学生補助

No.KS25-1プログラムPDF

学部・学科
学部問わず
体験できる職種
  • 企画
  • 技術
  • その他
キャッチコピー
インフラを支える日本の技術は、世界の最先端を進んでいます。多くの体験が出来るでしょう!
プログラム内容
学部は不問です。建設コンサルタントとしての業務内容をお伝えします。

受入期間
2021年8月1日 ~ 2022年2月28日  
実施日数
5日間 
実習時間
9:00 ~ 17:00(休憩:60分)
1回あたりの受入可能人数
3人
スケジュール カリキュラム
午前 午後
1日目 オリエンテーション(インターンシップの課題と目的の説明)
社員と学生の自己紹介
会社概要、経営理念、業界の話、業務内容紹介




設計部実習
CAD操作(横断図の作成)





2日目 河川・水路の設計
 河川のシステムと流出量の計算





橋梁編
 橋の損傷(写真台帳から説明)
 損傷図の見方




3日目 建物の外壁診断とは・・・




外壁劣化調査について(実績報告書に基づいて)



4日目 外壁劣化調査について(実績報告書に基づいて)




赤外線調査(座学)
建視朗(特許商品を使用した赤外線診断の方法)





最終日 ディスカッション




報告会
・インターンシップで学んだこと・気づきの発表・反省会




実習場所
本社(郡山市大槻町御前東46-26)
就業場所以外の実習
初日の集合時間
8:50
初日の集合場所
就業場所と同じ、事務所へお越しください。
服装
リクルートの服装
持ち物
筆記用具・電卓
昼食について
提供無し
送迎
なし
交通手段
駐車場利用可・公共交通機関あり(郡山駅11番バス乗場より乗車: コスモス循環池ノ台先回り 静御前堂 下車 徒歩3分 )
県内学生対象

交通費について

支給あり(上限あり:3,000円)

宿泊費について

支給なし

県外学生対象

交通費について

支給あり(上限あり:3,000円)

宿泊費について

支給なし

備考
こんな方にオススメです
参加検討中のみなさんへ
事前課題

Fターンインターンシップにおける新型コロナウイルス感染拡大予防に関する項目(令和2年9月11日改訂版)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のチェック項目に基づいたプログラムを実施しております。

  • 新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、各業界団体により作成、公表されている感染防止のための業種別ガイドラインに沿ってプログラムを実施します。
    参考:内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策ページ https://corona.go.jp/prevention/
  • なお、該当する業者別のガイドラインが無い場合、以下のチェック項目に基づいたプログラムを実施します。
  • ①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集、③近距離での会話や発声の「3つの密」を同時に満たす内容のものは行わないように心がける。
  • 職場における人との間隔を、できるだけ2m空けるように心がける。
  • 職場の窓が開く場合、1時間に2回程度の換気を行う。
  • 対面での会議やミーティング等を行う場合は、人と人との間隔をできるだけ2m空け、可能な限り真正面を避けるように心がける。
  • 接客業等について、人と人とが対面する場所は、アクリル板、透明ビニールカーテンなどで遮蔽する。
  • 職場において多数の従業員が触れることがある物品、機器などについて、こまめに消毒する。

このプログラムにエントリーする