Fターンインターンシップ

Fターンインターンシップ

ふくしまからはじめよう。

インターンシッププログラム

検索結果一覧に戻る

東新工業株式会社 いわき好間工場・いわき四倉工場

企業情報

企業名(カナ)
東新工業株式会社 いわき好間工場・いわき四倉工場(トウシンコウギョウ)
所在地
(好間工場)いわき市好間工業団地16-11 (四倉工場)いわき市四倉町字栗木作192-5
事業内容
電子部品用接点材料(コネクター)に貴金属めっき加工を行っています。
現在の主力製品はスマートフォンやタブレット端末のコネクターへのめっき加工です。
世界水準の業界をリードする高い技術力が評価され、「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」「神奈川工業技術開発大賞」などにも選出されています。
ホームページ
http://www.toshin-ind.co.jp/

企業研究型, 就業体験型

県外学生補助

No.IS19-1プログラムPDF

学部・学科
学部問わず
体験できる職種
  • 事務
  • 製造
  • 技術
キャッチコピー
【1Day】いわきの元気な会社を知ろう! 先輩社員交流あり・めっき実習ありの充実
プログラム内容
会社紹介、職場見学、先輩社員との交流、めっき実習など企業を深く知れる1日体験!
受入期間
2021年11月11日 もしくは 2021年11月25日
実施日数
1日間 
実習時間
10:30~15:30
1回あたりの受入可能人数
5人
スケジュール カリキュラム
午前 午後
1日目 ◆オリエンテーション◆
 製造業界について
 めっき加工ってなんだろう
 当社の技術紹介

◆職場見学会◆
 実際の職場・工場を見学していただきます
 元気と若さ溢れる職場にビックリするかも!

◆先輩社員との交流会◆
 就活のこと、会社のこと、
 若手社員の気になる“本音”を聞いてみよう




◆めっき実習◆
 ビーカーでめっき実習をしよう
 理系・文系を問わずめっきの不思議に
 驚くかも!

◆会社が求める人材◆
 企業が求める人材とは!?
 今から知っていて損はないはず!

◆質疑応答◆
 疑問に思う事、不安なこと、気軽に
 質問してみよう。
 丁寧にお答えします♪

◆本日のまとめ◆
 一日の振り返りをしていただきます
実習場所
東新工業株式会社 いわき四倉工場(いわき市四倉町字栗木作192-5)
就業場所以外の実習
初日の集合時間
10:30
初日の集合場所
就業場所と同じ
服装
作業服を貸与します
持ち物
筆記用具、運動靴
昼食について
企業で準備します
送迎
あり(送迎場所:いわき駅北口(ロータリー9時45分集合))
交通手段
駐車場利用可・公共交通機関あり(四ツ倉駅よりタクシーで10分 )
県内学生対象

交通費について

支給あり(上限なし )

宿泊費について

支給あり(前泊が必要な方は、当社にてホテルを予約します )

県外学生対象

交通費について

支給あり(上限なし )

宿泊費について

支給あり(前泊が必要な方は、当社にてホテルを予約します )

備考
こんな方にオススメです
理系・文系を問いません。
地元の企業を知りたい方!元気な会社で働きたいと思っている方!大歓迎です♪
参加検討中のみなさんへ
フープめっき業界のリーディングカンパニーです!
本社は横浜市にあり、いわき市内ではいわき好間工場2006年操業開始、いわき四倉工場2020年操業開始しました。理系・文系を問いません。
地元の企業を知りたい方!元気な会社で働きたいと思っている方!1日で地元企業を深く知りたい方にオススメです!中小企業ならではの魅力もわかる1日ですので、ぜひお越しください!


事前課題
特になし

Fターンインターンシップにおける新型コロナウイルス感染拡大予防に関する項目(令和2年9月11日改訂版)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のチェック項目に基づいたプログラムを実施しております。

  • 新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、各業界団体により作成、公表されている感染防止のための業種別ガイドラインに沿ってプログラムを実施します。
    参考:内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策ページ https://corona.go.jp/prevention/
  • なお、該当する業者別のガイドラインが無い場合、以下のチェック項目に基づいたプログラムを実施します。
  • ①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集、③近距離での会話や発声の「3つの密」を同時に満たす内容のものは行わないように心がける。
  • 職場における人との間隔を、できるだけ2m空けるように心がける。
  • 職場の窓が開く場合、1時間に2回程度の換気を行う。
  • 対面での会議やミーティング等を行う場合は、人と人との間隔をできるだけ2m空け、可能な限り真正面を避けるように心がける。
  • 接客業等について、人と人とが対面する場所は、アクリル板、透明ビニールカーテンなどで遮蔽する。
  • 職場において多数の従業員が触れることがある物品、機器などについて、こまめに消毒する。

このプログラムにエントリーする