Fターンインターンシップ

Fターンインターンシップ

ふくしまからはじめよう。

インターンシッププログラム

検索結果一覧に戻る

信越石英株式会社 郡山工場

企業情報

企業名(カナ)
信越石英株式会社 郡山工場 (シンエツセキエイ カブシキガイシャ コオリヤマコウジョウ   )
所在地
福島県郡山市田村町金屋字川久保88
事業内容
各種 石英ガラス製品の製造と研究開発



ホームページ
komuro@sqp.co.jp

企業コメント

先端のハイテク技術を有する素材メーカーとしてグローバルに活動を続ける信越化学工業。そして、世界的な特殊素材メーカーとして150年の歴史を刻んできたドイツ・ヘレウス社。この2社のジョイントベンチャーとして、1972年2月信越石英は誕生しました。
信越化学工業がこれまでに展開してきた多彩な分野への用途開発技術と、ヘレウス社が長年培ってきた高度な石英ガラス技術。これらを融合することにより、信越石英は、ハイテク素材としての石英ガラスを半導体や液晶光ファイバなど最先端の技術分野に素材を提供。その進化・発展の一翼を担っています。
21世紀は、IT革命が切り拓く新しい価値の時代。 IT技術分野に不可欠な素材としての石英ガラスの可能性は無限大。信越石英は、石英ガラスの総合メーカーとして、卓越した技術力で、常にユーザーニーズに応じた高品質な製品を開発、提供するとともに、新たなフィールドを求め、世界へそして未来へ積極的にアプローチを続けてまいります。




企業研究型, 就業体験型

No.KS32-1プログラムPDF

学部・学科
理系
体験できる職種
  • 事務
  • IT
  • 技術
キャッチコピー
【経済学部卒:経理担当幹部候補生 指定】信越石英は、石英ガラスの総合メーカーとして、卓越した技術力で、常にユーザーニーズに応じた高品質な製品を開発、提供するとともに、新たなフィールドを求め、世界へそして未来へ積極的にアプローチを続けてまいります。
プログラム内容
マナー研修や各部署にて実務を体験できるプログラム
受入期間
2021年8月1日 ~ 2022年2月28日  
実施日数
5日間 
実習時間
8:00 ~ 16:40 (休憩:90分)
1回あたりの受入可能人数
1人
スケジュール カリキュラム
午前 午後
1日目 新人受入れ研修(マナー・安全衛生・品質管理、その他)




各配属先受入れ教育研修
・管理部:経理担当全般
・新技術開発課:自動化システム開発
・石英技術研究所:基礎研究(評価分析)




2日目 各配属先にて実務研修(体験学習)




各配属先にて実務研修(体験学習)




最終日 各配属先にて実務研修(体験学習)




体験実習 まとめ




実習場所
福島県郡山市田村町金屋字川久保88
就業場所以外の実習
初日の集合時間
8:00
初日の集合場所
当工場 2階 管理部事務所
服装
作業服は貸与します。
持ち物
筆記用具
昼食について
企業で準備します
送迎
なし
交通手段
駐車場利用可
県内学生対象

交通費について

支給なし

宿泊費について

支給なし

県外学生対象

交通費について

支給なし

宿泊費について

支給なし

備考
・初日に「PCR検査」を受けて頂くこととなりますが、コロナワクチン接種を2回接種済みの場合は不要 ・コロナウイルス感染対策として書類を提出頂くこととなります。(別紙)
こんな方にオススメです
参加検討中のみなさんへ
事前課題

Fターンインターンシップにおける新型コロナウイルス感染拡大予防に関する項目(令和2年9月11日改訂版)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のチェック項目に基づいたプログラムを実施しております。

  • 新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、各業界団体により作成、公表されている感染防止のための業種別ガイドラインに沿ってプログラムを実施します。
    参考:内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策ページ https://corona.go.jp/prevention/
  • なお、該当する業者別のガイドラインが無い場合、以下のチェック項目に基づいたプログラムを実施します。
  • ①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集、③近距離での会話や発声の「3つの密」を同時に満たす内容のものは行わないように心がける。
  • 職場における人との間隔を、できるだけ2m空けるように心がける。
  • 職場の窓が開く場合、1時間に2回程度の換気を行う。
  • 対面での会議やミーティング等を行う場合は、人と人との間隔をできるだけ2m空け、可能な限り真正面を避けるように心がける。
  • 接客業等について、人と人とが対面する場所は、アクリル板、透明ビニールカーテンなどで遮蔽する。
  • 職場において多数の従業員が触れることがある物品、機器などについて、こまめに消毒する。

このプログラムにエントリーする