Fターンインターンシップ

Fターンインターンシップ

ふくしまからはじめよう。

インターンシッププログラム

検索結果一覧に戻る

社会福祉法人 心愛会

企業情報

企業名(カナ)
社会福祉法人 心愛会(シンアイカイ)
所在地
郡山市緑ケ丘東六丁目26番地2
事業内容
高齢福祉・障がい福祉
ホームページ
http://www.sin-ai.com

企業コメント

心愛会は、福島県(会津エリア・郡山エリア)に密着し、高齢者介護サービス・障がい者支援サービスを展開し、
地域の様々な人たちの暮らしを支える社会福祉法人です。

オンライン(WEB), その他

No.KS31-2プログラムPDF

学部・学科
学部問わず
体験できる職種
  • サービス
  • 企画
  • 医療福祉
キャッチコピー
「人と深く関わる仕事」をしたい人& 自己分析を進めたい人にオススメ![オンライン1DAYインターンシップ]
プログラム内容
「人と関わる仕事」に大切な視点を学ぶ・自己分析につながる仕事体験

受入期間
2021年11月21日(日)
実施日数
1日間
実習時間
午前中(予定)※詳細は別途通知
1回あたりの受入可能人数
10人
スケジュール カリキュラム
午前 午後
1日目 <WORK01>
顧客のニーズ理解と、実現のためのアプローチを体験
━━━━━━━━━━━━━━

 お客様のニーズを調べ、実現のためにチームでアイディアを出し、チャレンジする。
 福祉の仕事に限らず、様々な仕事で役立つ視点・スキルです。

 本プログラムでは、顧客(利用者)の日々の暮らしに深く携わり、
 ニーズ実現のために取り組む福祉の仕事の一部を
 ケーススタディで体験することで、
 幅広い業種・職種で役立つ対人支援・サポートの視点・スキルを学びます。

<WORK02>
業界理解~地域の暮らしを支える仕事~
━━━━━━━━━━━━━━

 高齢化が進展し、地域の暮らしのあり方も大きく変化する時代。
 福祉サービスは、地域で誰もが安心して暮らせるための「社会インフラ」と言えます。

 心愛会の様々な取り組みを紹介し、福祉・介護業界の理解を深めます。

<WORK03>
自己理解・自己分析ワーク
━━━━━━━━━━━━━━

 これからのキャリア選択に役立つ自己分析ワークも実施!
 ワークを通して、「自分が大切にしたい価値観」を理解することができます。
実習場所
オンライン開催(Zoomミーティングアプリを使用)
就業場所以外の実習
初日の集合時間
8:45(予定)
初日の集合場所
ご自宅から参加可能
服装
私服参加可
持ち物
メモ帳、筆記用具
昼食について
提供無し
送迎
なし
交通手段
公共交通機関なし
県内学生対象

交通費について

支給なし

宿泊費について

支給なし

県外学生対象

交通費について

支給なし

宿泊費について

支給なし

備考
開催時間が決まりましたら随時更新致します。
こんな方にオススメです
福祉の仕事に関心のある方はもちろん、
対人サービスや人の暮らしに深く関わる仕事がしたい人、
自己分析をして自分のキャリアを考えたい人は、
ぜひご参加ください。

私たちと一緒に、「やってみんべ!」でいきましょう!
参加検討中のみなさんへ
★どんな体験ができるの?

今回は、
そんな私たちの「やってみんべ!」を体験してもらうことで、
これからのキャリアを考える皆さんに役立つプログラムをご用意しました。

高齢や障がいのあるお客様の想いに耳を傾け、
お客様のやりたいことを実現するために、
現場の介護職員や障がい者支援員が日々実践しているプロセスを
一緒に体験していただきます。

お客様の想いを知る前に、自分の想いを再確認するための
自己分析ワークも行います。
事前課題

Fターンインターンシップにおける新型コロナウイルス感染拡大予防に関する項目(令和2年9月11日改訂版)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のチェック項目に基づいたプログラムを実施しております。

  • 新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、各業界団体により作成、公表されている感染防止のための業種別ガイドラインに沿ってプログラムを実施します。
    参考:内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策ページ https://corona.go.jp/prevention/
  • なお、該当する業者別のガイドラインが無い場合、以下のチェック項目に基づいたプログラムを実施します。
  • ①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集、③近距離での会話や発声の「3つの密」を同時に満たす内容のものは行わないように心がける。
  • 職場における人との間隔を、できるだけ2m空けるように心がける。
  • 職場の窓が開く場合、1時間に2回程度の換気を行う。
  • 対面での会議やミーティング等を行う場合は、人と人との間隔をできるだけ2m空け、可能な限り真正面を避けるように心がける。
  • 接客業等について、人と人とが対面する場所は、アクリル板、透明ビニールカーテンなどで遮蔽する。
  • 職場において多数の従業員が触れることがある物品、機器などについて、こまめに消毒する。

このプログラムにエントリーする