Fターンインターンシップ

Fターンインターンシップ

ふくしまからはじめよう。

インターンシッププログラム

検索結果一覧に戻る

大久自動車販売株式会社

企業情報

企業名(カナ)
大久自動車販売株式会社(ダイキュウジドウシャハンバイ)
所在地
福島県福島市本内字北古舘9
事業内容
福島県内の4つの地域に軽自動車専門店(販売)と自動車整備工場、鈑金塗装工場を展開しています。また自動車任意保険の取り扱いにも力を入れており、お客様のカーライフをトータルサポートできる体制を整えています。
100年企業に向けてお客様・地域社会・社員とその家族に必要とされる企業を目指しています。今は地域の皆様から「クルマ屋さん」というだけの認識かと思いますが、これからは「地域になくてはならない会社」になります。
ホームページ
http://www.daiq.co.jp/

企業コメント

このコースでは、自動車業界やクルマ屋の仕組みについて模擬体験や実務を通して学べます!
また店舗の仕事を社員と共に実施するので、会社で働くこと、社員が何をどう考えながら働いているかを実際に感じて身に付けてください!自動車業界の状況や、私たちの仕事や意識の持ち方について、またこれを学ぶと他の業界にも置き換えて考えられますので、ぜひご参加ください!

企業研究型, 就業体験型

県外学生補助

No.F6-11プログラムPDF

学部・学科
学部問わず
体験できる職種
  • 営業
  • 販売
キャッチコピー
【対面開催】営業・販売コース(1days)
プログラム内容
模擬体験を通して、自動車業界・クルマ屋の仕組みを知ろう!
受入期間
2022年1月15日(土)
実施日数
1日間
実習時間
10:00 ~ 16:00(休憩:60分)
1回あたりの受入可能人数
4人
スケジュール カリキュラム
午前 午後
1日目 9:40 JR福島駅東口みどりの窓口前集合 
  →開催店舗へ移動

10:00 アイスブレイク・参加者自己紹介

11:00 自動車業界の現状/
   それと照らし合わせて当社の特徴

12:00 昼食休憩
  (お昼はこちらで準備します)


13:00 就業体験
   ・グレード間違い探し
 → グレードの違いをゲーム感覚で学ぼう!
   ・総合職模擬体験
 → 「車の仕入れ~お客様に届くまで」
   店舗でどんな仕事を行っているのか、
   実践しながら学ぼう

15:40 振り返り/フィードバック

16:30 JR福島駅東口みどりの窓口前解散

実習場所
ダイキュー飯坂店 (福島県福島市飯坂町平野字代22-1)
就業場所以外の実習
初日の集合時間
9:40
初日の集合場所
JR福島駅東口みどりの窓口前
服装
私服(動きやすい服装、スニーカー等)
持ち物
筆記用具、印鑑(交通費支給の領収書押印のため)
昼食について
企業で準備します
送迎
あり(送迎場所:JR福島駅東口 みどりの窓口前)
交通手段
駐車場利用可・その他(自家用車を利用の場合:駐車場は後日ご連絡いたします)
県内学生対象

交通費について

支給あり(上限あり:15,000円)

宿泊費について

支給なし

県外学生対象

交通費について

支給あり(上限あり:15,000円)

宿泊費について

支給なし

備考
※交通費支給の際に、公共交通機関等の領収証の提出は不要です ※途中休憩をはさみます ※内容は変更になる可能性があります
こんな方にオススメです
参加検討中のみなさんへ
このコースでは、自動車業界やクルマ屋の仕組みについて模擬体験や実務を通して学べます!
事前課題

Fターンインターンシップにおける新型コロナウイルス感染拡大予防に関する項目(令和2年9月11日改訂版)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のチェック項目に基づいたプログラムを実施しております。

  • 新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、各業界団体により作成、公表されている感染防止のための業種別ガイドラインに沿ってプログラムを実施します。
    参考:内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策ページ https://corona.go.jp/prevention/
  • なお、該当する業者別のガイドラインが無い場合、以下のチェック項目に基づいたプログラムを実施します。
  • ①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集、③近距離での会話や発声の「3つの密」を同時に満たす内容のものは行わないように心がける。
  • 職場における人との間隔を、できるだけ2m空けるように心がける。
  • 職場の窓が開く場合、1時間に2回程度の換気を行う。
  • 対面での会議やミーティング等を行う場合は、人と人との間隔をできるだけ2m空け、可能な限り真正面を避けるように心がける。
  • 接客業等について、人と人とが対面する場所は、アクリル板、透明ビニールカーテンなどで遮蔽する。
  • 職場において多数の従業員が触れることがある物品、機器などについて、こまめに消毒する。

このプログラムにエントリーする