Fターンインターンシップ

Fターンインターンシップ

ふくしまからはじめよう。

インターンシッププログラム

検索結果一覧に戻る

株式会社クラフト

企業情報

企業名(カナ)
株式会社クラフト (カブシキガイシャ クラフト)
所在地
福島県須賀川市森宿字ウツロ田42-24
事業内容
業務系・制御系ソフトウェアの受託開発(電力・自治体・卸売・製造・通信等各種分野)
自社パッケージソフトウェアの開発・販売(獣医師・販売管理・消防業務等)
システムコンサルティング
ホームページ
http://www.craftinc.co.jp/

企業コメント

「システム開発もモノづくり」、その考え方を大切に、クラフトはソフトウェア開発を継続してきました。
システムエンジニアが何を考え、どのような点に注意をしながら、より良いシステム開発を目指しているか、
先輩社員と話をしながら、実際に仕事として作成されたプログラムを見て、開発手順を学びましょう!

企業研究型, 就業体験型

県外学生補助

No.KS22-3プログラムPDF

学部・学科
学部問わず
体験できる職種
  • IT
キャッチコピー
Webアプリケーションの中をのぞいてみよう。 職業としてのシステムエンジニアを知る時間(プログラム未経験者も歓迎)
プログラム内容
午前中は、業界説明と同時に、システムエンジニアの働き方を失敗談も含めて説明します。
午後は、開発リーダーから、実際の顧客向けに作成されたWebアプリケーションのソースコードをお見せしながら、システム開発の流れや、最近の技術トレンド、また、開発に関して大切なポイントをお伝えしたいと思います。
プログラムの開発経験はないけど、システムエンジニアを目指してみたい学生の方も大歓迎。
受入期間
2022年2月8日  ~ 2022年2月8日  
実施日数
1日間
実習時間
9:45 ~ 16:30(休憩:60分)
1回あたりの受入可能人数
6人
スケジュール カリキュラム
午前 午後
1日目 ■自己紹介
■クラフトの会社説明
■システムエンジニア/プログラマの働き方
■ランチ(一緒に食べに行きましょう)

■Webアプリケーション開発を覗いてみよう
  実際にユーザーにお届けした
  プログラムコードをお見せしながら、
  エンジニアが開発の流れや
  注意点を説明します。
実習場所
福島県須賀川市森宿字ウツロ田42-24
就業場所以外の実習
初日の集合時間
9:45
初日の集合場所
須賀川本社 or 須賀川駅
服装
自由(私服可)
持ち物
筆記用具・交通費の領収書・印鑑
昼食について
企業で準備します
送迎
あり(送迎場所:須賀川駅から本社まで、社用車にて送迎します。)
交通手段
駐車場利用可
県内学生対象

交通費について

支給あり(上限あり:3,000円)

宿泊費について

支給あり(上限あり:6,000円)

県外学生対象

交通費について

支給あり(上限あり:3,000円)

宿泊費について

支給あり(上限あり:6,000円)

備考
交通費、宿泊費の清算には領収書の提出が必要となります。
こんな方にオススメです
アイデアを考える事、何かを作ることを楽しいと感じる方
将来的に、お客様と直接コミュニケーションがとれる仕事をしたい方
参加検討中のみなさんへ
「システムエンジニア」と聞くと、難しいイメージを持ちますが、
企業や社会のためにITを使って相手を笑顔にする大切な仕事です。
プログラム未経験の方もぜひご参加下さい。
事前課題

Fターンインターンシップにおける新型コロナウイルス感染拡大予防に関する項目(令和2年9月11日改訂版)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記のチェック項目に基づいたプログラムを実施しております。

  • 新型コロナウィルスの感染拡大を予防するため、各業界団体により作成、公表されている感染防止のための業種別ガイドラインに沿ってプログラムを実施します。
    参考:内閣官房 新型コロナウィルス感染症対策ページ https://corona.go.jp/prevention/
  • なお、該当する業者別のガイドラインが無い場合、以下のチェック項目に基づいたプログラムを実施します。
  • ①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集、③近距離での会話や発声の「3つの密」を同時に満たす内容のものは行わないように心がける。
  • 職場における人との間隔を、できるだけ2m空けるように心がける。
  • 職場の窓が開く場合、1時間に2回程度の換気を行う。
  • 対面での会議やミーティング等を行う場合は、人と人との間隔をできるだけ2m空け、可能な限り真正面を避けるように心がける。
  • 接客業等について、人と人とが対面する場所は、アクリル板、透明ビニールカーテンなどで遮蔽する。
  • 職場において多数の従業員が触れることがある物品、機器などについて、こまめに消毒する。

このプログラムにエントリーする